十日恵比須神社

十日恵比須について > えびす様とだいこく様

大漁追福の「えびす様」と五穀豊穰の「だいこく様」。 十日恵比須には、この二人の神様がいます。

事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)

えびす様は、事代主大神(ことしろぬしのおおかみ)と言います。お父様は大國主大神(おおくにぬしおおかみ)で、弟神には天照大神(あまてらすおおかみ)がいらっしゃいます。また、須佐之男命(すさのおのみこと)の御子孫でもあります。事代主大神は父神「大國主大神」をお助けなされて国土の経営、産業福祉の開発におつくしになりました。

天孫降臨に先だち、使いの神が出雲にお下りになり、大國主大神に「この国を天つ神に献れ」とお伝えになった時、事代主大神は三保関で釣を楽しんでおいでになりましたが、父神のお尋ねに対し「この国は天つ神の御子に奉り給へ」とお答えされ、父神はその御言葉通り国土を御奉献なされました。そして事代主大神様は多くの神々と共に皇孫を奉護し、日本建設に貢献なされました。

神武天皇、綏靖天皇、安寧天皇御三代の皇后様は事代主大神の子孫で、古来より宮中八神の御一柱として御尊崇のあつい神様です。また、事代主大神様は一名「えびす」様と申しまして、「だいこく」様と共に世の崇敬特に厚く、私達が最も信仰し、一番親しみのある神様です。釣竿を手にして鯛を抱かれた福徳円満の御神影はあまりにも有名です。人の世の日常の行為や行動を指導され、漁業の祖神海上安全、商売繁昌の守護神としての御霊験の広い事は極めて広く知られている通りです。そして大義平和の御神徳、産業福祉の道をお開きになった御神業、福徳の神と仰ぐ神様でもあります。

大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

だいこく様は、先に記しました事代主大神の父神様で、「大國主大神(おおくにぬしのおおかみ)」と申します。
だいこく様は「天の下造らしし大神」とも言われるように、私たちの遠い遠い親等と喜びも悲しみも共にせられて、国土を開拓され、国造り、村造りに御苦労なされて、この住み良い日本の国土を築き、豊葦原(とよあしはら)の瑞穂(みづほ)の国と呼ばれるような、あらゆるものが豊かに成長する国を造り上げられました。そして農耕、漁業をすすめて人々の生活の基礎を固め、殖産の法をお教えになり、又医薬の道をお始めになって人々の病苦をお救いになるなど、慈愛ある御心を寄せられた救いの親神さまであると共に、すべてのものが自然の姿にあるように護って下さる神様です。この国造りの大業を成し遂げた後、日本民族の大親である天照皇大御神に、その豊葦原の瑞穂の国をお譲りになりました。

だいこく様は、人が立派に成長するように、社会が明るく全てのものが幸福であるようにと、我々に愛情を限りなく注いで下さり、幸福の「縁」を結んで下さることから、「結びの神様」としてあまりにも有名です。人と人、人と社会、人と幸福…さまざまな「縁」を結んでくださるだいこく様は、福の神として慕われ、広く深く信仰をおうけになっています。

出雲からの縁結び