十日恵比須神社

十日恵比須について > 行事予定

毎年1月8日〜11日

正月大祭 行事予定

催しイベント 開催時間
祭典 午前8時30分より 午前9時30分頃まで
宗偏流献茶式 上記祭典中
福引 午前10時より 午後11時まで
福引(初穂料 1回 2,000円)
その年の運を試すのが福引き。
福引きを引くと、世話人の「大当たりー!」の声が境内に響きます。福笹と共に渡される授与品は、張子の福起こし、福寄せ、干支、金蔵、そろばん等、縁起の良いものばかりを揃え、必ず皆様に福が当たるようになっております。
年中祈願 午前10時より 午後11時まで
年中祈願(初穂料 2,000円)
正月大祭のとき御祈願される方に、お名前を墨書した祈願章を発行し、申込書を本殿に納めて1年間毎朝祈願致します。
茶席 午前10時より 午後4時頃まで(参席自由)
詩吟
扇翠流吟道扇翠会
午後1時より 拝殿にて奉納
初春寿川柳大会 午後1時より 午後4時まで(2階大広間)
お守り授与所 午前10時より 午後11時まで

催しイベント 開催時間
祭典 午前8時30分より 午前9時頃まで
開運御座 午前10時より 深夜0時まで (開運殿)
開運御座(初穂料 お1人 5,000円から)
開運御座とは新春の縁起を祝う儀式で当神社の大祭、1月9日午前10時吉例の一番座に始まり、翌10日の24時まで次から次と執り行われます。開運御座には各界の知名士、崇敬者をお招き致しますが、一般の方も申込出来ます。
受付に御申込の上、白丁(はくちょう)を着用します。拝殿にてお祓いを受け、御祈願が執り行われます。その後、開運殿大広間の神前、お座席にてお茶菓子、お抹茶を差上げ、次いで直会膳(なおらひぜん)をご用意します。そして、神社古来からの名物である縁起物の福引が声高々に行われ、お座敷は一同和やかな雰囲気につつまれて、にこにことえびす顔。最後に御参席の皆様方の御幸運と御一家の繁栄を祈り、えびす手一本の打入れが行われ、福笹を手にして御座が滞りなく終了します。
福引 午前9時より 翌朝6時まで
年中祈願 午前9時より 深夜0時まで
かち詣り 午後3時頃 神社到着
徒歩詣り(かちまいり)
博多は昔から那の津と呼ばれ、商業貿易の町として栄えてきました。この博多の年中行事の1つ、新春の華を開くかち詣りが、正月9日の宵えびすの午後に行われます。博多券番のきれいどころ(芸妓)総勢で島田のビンに稲穂のカンザシ、紋付正装、裾ひき姿でかち詣りの、のぼりを先頭に、博多那能津会の三味、笛、太鼓で十日えびすの唄をはやしながら東公園入口より行列、徒歩にて神社に参拝し、1年中の開運、商売繁昌の祈願をされます。
十日えびすの踊
藤間円彩社中
随時
お守り授与所 午前9時より 翌朝6時まで

催しイベント 開催時間
祭典 午前8時30分より 午前9時頃まで
開運御座 午前10時より 深夜0時まで (開運殿)
※参加者多数の場合、早く終了することがあります。
福引 午前6時より 深夜1時まで
年中祈願 午前9時より 深夜0時まで
十日えびすの踊
藤間円彩社中
随時
お守り授与所 午前6時より 翌朝6時まで

催しイベント 開催時間
祭典 午前8時30分より 午前9時頃まで
福引 午前9時より 午後2時頃まで
(授与品がなくなり次第終了)
年中祈願 午前9時より 午後9時まで
お守り授与所 午前6時より 午後11時まで